ZMGoogleCSS

作ったもの

こんなもの 1 日かけて作った。Safari 専用。

1 台の Mac でしかテストしていないので、他の Mac で表示が崩れる可能性あり。よかったらどうぞ。

Safari の環境設定「詳細」の「スタイルシート」で選択。
作者は気に入っているようです。

まぎらわしい

作ったもの

iTunesVolume の名前を変えるときが来たのかな...

Español Traducción

作ったもの

iTunesVolume 1.2

作ったもの

iTunesVolume 1.2 をもうすぐリリース。前のバージョンからちょうど一ヶ月。

Tiger の切り捨て

Tiger では動かなくなった。自分もサブマシンの iMac は Tiger なのでちょっと困る。
それでも Leopard で追加された API を使いたかったのだ。

新しい HUD コントロール

HUD コントロールに ZMHUDControls を使うようになった。
これも NSGradient を使っているので Leopard 専用。

スライダーの新機能

スライダーのつまみをドラッグすることで「次へ」「前へ」が操作できるようになった。

つまみを下の方にドラッグしてからカーソルの進んだ方向によって操作が変わる。
スライダーにできる操作が増えたのは久しぶりだ。

いい加減、これを「音量調節スライダー」と書かれることがなくなるといいな。

iTunes がアクティブのときフローターを表示しない設定

曲をいろいろ変えてるときに出てくるのは邪魔だった。iTunes Store でいろいろ選んで視聴してるときとか。

アートワークが非表示のときデスクトップがクリックできなくなる問題の修正

コンテキストメニューがすっきり

プレイリストメニューの階層も浅くなった。長過ぎるプレイリスト名は省略するように。

この方法で。Deprecated だって?...キニシナーイ!

TotalTunes Controls スキンへの対応

TotalTunes Controls 用スキンをアートワークアピアランスとして使用できるようになった。

でも正直、あまりいいデザインのものがないと思ったり...
全部の iTunes コントローラが一つの形式のものを使うようになればいいのに。

プラグインを追加できるようになった。

詳細は後日。

フローターで曲の長さを表示

右上にさりげなく表示。(↑このアートワークがフローターで表示したとき一番きれいに見える。)

最近「曲の年を表示できるようにしてほしい」なんて要望があるけど、作者はこれ以上表示項目を増やしたくない。
(このソフトの)フローターは「曲が変わったことを知らせる」ためのインターフェイスであって、「曲の情報を知る」ためのものではない。作曲者や年など、詳しい情報が知りたいときは情報ウインドウを使ってほしい。
と英語で反論したいのだが英語力が...

フローターの継続時間を変更できるように

言われた。確かに長過ぎた。

環境設定ウインドウの内部変更

使われるビューがそれぞれ独立した nib ファイルになった。

プラグインに対応するしくみをつくるために必要だった。
Leopard で追加された NSViewController クラスを使ってる。切り替えるビューを作るのにぴったりだ。

調べていて見つけたのでメモ:NSViewController を発展させたしくみをいろいろ考えてる記事が。英語だけどなかなか読み応えがありそう。アプリケーションはこのままシングルウインドウ化していくのかな...

個人的に Photoshop だけはマルチウインドウのままでいてほしいのだが。

ヒント:カーソルの位置

作ったもの

スライダーの新しい使い方を思いついたかもしれない。夜中の 2 時だが目覚めてきた。

やめる可能性もあるけど、とりあえず作ってみよう。

切り捨て。

作ったもの

前にも書いたと思うけど、もうすぐリリースする iTunesVolume 1.2 は Leopard 以降のみの対応になる。Leopard で追加された NSViewController を使う必要がでてきたからだ。

バグがなければ 2 日以内にリリースできるかも。詳細はそのときに。

iTunesVolume 1.1.4

作ったもの

遅くなったけど、先日リリースした iTunesVolume 1.1.4 についてのメモ。

情報ウインドウの自動リサイズ

リサイズする方向が変更できるようになった。

情報ウインドウで、コメント/歌詞を自動選択

情報ウインドウは歌詞、コメント、Podcast の説明など、いろいろな情報を表示できる。
でも、Podcast の説明などは「コメント」タブに表示されるので、普段歌詞を表示している人は手動で切り替える必要があった。

これからはコメント/歌詞のうち、存在する方を表示してくれるのでその必要はない。

ちなみに作者はあまり歌のある曲を聴かないので、情報ウインドウはコメント(演奏メンバーなどをいれる)の表示にしか使ってない。だから歌詞取得機能もつける気はない。

環境設定ウインドウの見た目

ちょっと微調整。
スライダーの右側に現在の値を文字で表示するようにしたり、スライダーの目盛りの数を調整したり。

ラジオボタンの配置はシステム環境設定「Dock」を参考にした。この配置方法なら横長にできる。
(Dock.prefpane の nib ファイル を見ると、Matrix は使わず単純にボタンを 2 つ配置しているみたい。同じようにそれぞれボタンを配置した。)

アプリケーションのサイズ

小さくなった。(7.6 MB が 4 MB に)

TIFF 画像を全部 Photoshop の「Web およびデバイス用に保存...」で PNG-24 に圧縮し直したり、できるだけ画像を使わずに CTGradient で描画するようにしてみたり(例えば、HUD ウインドウのタイトルバー)した結果。

環境設定ウインドウを閉じたときにメモリを解放

前からこうしたかったのだけど、環境設定ウインドウに使っている Window Controller のメモリを解放すると、なぜかアプリケーションが落ちてしまい、できなかった。BSFontWell が自身を NSMutableArray に追加してしまい、retain count が増加して、ウインドウが解放されても解放されないためだった。
そこで、THFontWell から release/retain しない Mutable Array や、複数選択を可能にする方法などを丸ごとコピー。なかなか登場しない ibplugin(Interface Builder 3 で必要)も作った。
これを BSFontWell と呼ぶのは tsawada2 氏に失礼なので ZMBSFontWell にクラス名を変更(TH も追加するべきかも...)。そしたら結局 BSFontWell を含む nib ファイルは Interface Builder 3 で開くことができないままという事態に...

フォントウェルがカラーウェルのように複数選択可能に。

Shift キーを押しながら。

「シャッフル」メニュー

ある海外の人からの要望。

アートワークのデフォルトイメージ

アートワークが存在しない場合に、デフォルトイメージを表示できるようになった。

iTunes が終了するときに iTunesVolume を自動で終了する機能

自動で起動する機能はつけなかった。これを実現するためには iTunes の起動を監視して、iTunesVolume を起動するためのプロセスを起動させておく必要がある。それぞれのソフトがそういうプロセスを用意するのはスマートではないと思うのだ。J.S. Mach で知った、Do Somethig When というフリーウェアで実現できるので、それがおすすめ。

© 2005-2022 zumuya