ものづくりが好きじゃない

その他

この Web サイトを見てる人には意外に思われるかもしれないけど自分はものを作るのが好きではない。DIY 好きな人間が運営してると思ったら大間違いだ。

よく「完成後よりも試行錯誤しながら作っているときが一番楽しい」みたいに言う人がいるけど自分は完全に逆でありその時間は苦痛でしかなく、基本的には自分の手作りなんかよりも質のいい既製品の組み合わせで解決するのが一番だと考えている。一刻も早く完成品を触りたいし、制作のために手なんて動かしたくない。

続きを読む

キラキラしてない

その他

Mac App 開発の世界にいると Windows ネイティブ App 開発は「人口が何百倍もいそう」とか「あふれるほど日本語情報が豊富で苦労しなさそう」なんて想像しがちだけど、実際はそんなキラキラした世界ではない。

確かに数は多いかもしれないけど 2000 年前後からずっと同じ作り方しかしない保守的な人、もしくはネイティブ技術なんて使わず Electron とかで済ませる人がほとんどで、Apple プラットフォームの人たちみたいに新 OS が出たらいち早くその見た目や新機能を取り入れようと目を輝かせるような人なんて少ない。日本語情報が多いのも古いフレームワークに限った話で、ちょっとでも新しい API を使ってモダンな手触りのネイティブ App を作ろうとか思うと AppKit みたいに英語の海を泳がないといけないし、頼みの綱の Microsoft 公式ドキュメントも読みにくい機械翻訳ばかりで泣ける。また、まともなサードパーティライブラリを見つけても(特に UI 系は)オープンソースじゃなくてしかも有償であることが多い。

その結果、同じ時期に作られていても App ごとに操作感がバラバラ、せっかく導入されたタッチディスプレイでも快適に操作できる App は限られているし、HiDPI の対応もまだまだ課題が多くてプラットフォームの価値が下がってしまっている。

これらの問題は長いこと数世代前の OS がいつまでも大きいシェアを維持していたことや、そのわりに Microsoft が OS バージョンごとに連続性なくころころとデザイン方針を変えていたり UI フレームワークも作って放置を繰り返して開発者が分断してしまったりといろんな原因があるし、そもそも開発者もユーザーもネイティブ App に価値を感じず「Web App こそ未来」だと思っている人が Mac の世界よりも多そうだ。

とはいえネイティブ App 好きとしては新しく仕切り直しとして登場する UI フレームワークである WinUI に期待しているのだけど、これがきっかけでこの世界が再び盛り上がるとはとても思えないし、Microsoft の開発スケジュールもゆっくりすぎてやる気があるのかないのか...

2020

その他

こんな年になるとは。と誰もが感じてそうな一年。細かく記事を書いてると来年になりそうだから今年を振り返るという名目でさらさらっと。

続きを読む

トクサツガガガ

その他

『トクサツガガガ』がよかった。特撮ヒーロー好きな OL が隠れオタクとして生きていくという話の漫画を NHK がドラマ化したもの。

題名の通り特撮ヒーローを軸に話が進むが、全体を通して“好きなもの”に対する気持ちや向き合い方をテーマにしていて、周りに同じ趣味の仲間がいない孤立感とか、「その年齢/性別でそんな好みの人いるはずない」という周囲の決めつけ1とか、その中でも仲間を発見できたときのわくわくとか...隅から隅まで共感できる作品だった。

おまけに名古屋制作だから見覚えのある風景がたくさん登場するのでそういう意味でも楽しい。撮影現場目撃できたらよかったのに2

栄での“トクサツガガガ展”はもちろん見てきました3。劇中に登場するたくさんの小道具に匠の技を感じる...

重量感あふれる等身大エマージェイソン
中村区ならぬ“仲村”区の会社
※ すべて架空の作品
マニアにはたまらない高級フィギュア

  1. ランドセルのエピソードなんてほとんど似たような経験があるので身に沁みた。 ↩︎

  2. ちなみに NHK 名古屋制作のドラマというと“名古屋仏壇物語”のロケを見たことがある。相棒でおなじみの輿水脚本だと後から知った。 ↩︎

  3. 緊急ファンミーティング(みんなで最終回を見よう!)というイベントも開催されたものの 3,000 人以上の応募があったらしく残念ながら落選... ↩︎

Edge らしさ

その他

Edge が Chromium ベースになるという数日前の話。

確かにエンジンの出来が悪いと思う瞬間は一度や二度ではないけれども1ブラウザエンジンの多様性を維持するには絶妙な位置にいると思っていたのだが。

それは別として、こう見えても自分は Edge のファンだった。Windows ではずっとメインブラウザにしている。Windows 10 専用に作り込まれた UWP App としてほかのブラウザにない手触りや軽さが魅力だ。

特に UWP のおかげか、ほかのブラウザよりスクロールが自然(慣性やバウンスなど)でスムーズなところが気に入ってる。144 Hz のディスプレイで触ると Mac の Safari 以上に気持ちいい。システム全体とは言わなくてもせめて WPF2 の ScrollViewer だけでも Edge 並みのスクロール感覚になればもっと Windows を触る気になるのに。

そういう意味では Cocoa にある NSScrollView は NeXTSTEP 時代から続く歴史があるのに iOS 風なスクロールバーの導入や描画周りの大幅な変更3を加えながら既存 App との互換性を維持4しているのだから Apple はよくやっていると思う。近年の macOS はユーザ視点では地味に見えるけど Cocoa は毎年確実に改良5されてる。

...本題に戻ると、自分が感じていた Edge ならではの良さが Windows 7 対応や macOS 版6を作ることの犠牲になりそうで心配してるのだ。ユーザも機能が足りない中途半端な Chromium ベースのブラウザに乗り換えるぐらいなら Chrome に流れてしまうし、過去なんて切り捨ててもっと Windows 10 ならではの世界を追求してほしかったと思ってしまうのは Mac ユーザ的思考だろうか。


  1. PDF 表示エンジンも Chrome で使われている PDFium の方が圧倒的に出来がいい。Edge が Windows 10 のデフォルト PDF ビューアだから「PDF の表示がおかしい」と相談される機会が増えてしまった。 ↩︎

  2. Windows はアプリケーションフレームワークの種類多すぎ... ↩︎

  3. もともとは 1 px スクロールするだけでも描画処理が走る仕組みになっていて Retina ディスプレイ導入直後はパフォーマンスがひどかったけど Mavericks で Responsive Scrolling が導入されて対策された。 ↩︎

  4. 同じ手法で、Sierra では NSWindow が突然タブ扱いになり既存 App まで自動でタブ対応してびっくりした。 ↩︎

  5. High Sierra でテキストビューがスクロールできなくなるバグだけはひどかった。 ↩︎

  6. 誰に需要があるのか... ↩︎

名前問題

その他

自分だったらブランドを立ち上げるときなんて何度も何度も Google 検索しながらかぶらない名前を探すのだが...

二週目の戌年

その他

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

続きを読む

© 2005-2021 zumuya