SlipCover

作ったもの

美しいケース画像を作るソフト SlipCover

Mousqueak のアートワーク表示も次のバージョンでこのフォーマットに対応する予定。

2017.11.23 追記

今はもう手に入らないけど URL を見るとわかるように、作ったのはあの Sketch の Bohemian Coding。

ZMGoogleCSS 1.0.3

作ったもの

Google のコード変更による修正と Safari 4.0 への最適化。特にデザイン変更はなし。

数週間前から

作ったもの

ZMGoogleCSS の検索ボックスがずれて表示されるようになっている。Google がコードを変更したのだろうか。

時間を見つけて直そう...

いま、

作ったもの

Mousqueak 用の新プラグインを準備中。
ZMHUDScroller と ZMHUDSegmentedCell を作ったのもこれに使うため。

あのフローターより存在感があるかも。Hey, DJ! プラグインはなくなると思います。

ZMHUDScroller & ZMHUDSegmentedCell

macOS 開発

作った。

セグメントやスクロールバーのノブでは、ZMHUDButtonCell でボタンを描画するのに使用しているメソッドをそのまま呼び出している。(このノブをよく見ると、ボタンの押されている状態と同じ見た目なのがわかるはず。)

BGHUDAppKit のテーマクラスが色やグラデーションのような情報のみを持っているのに対して、描画メソッド丸ごと 1 つのクラスに集めている ZMHUDControls だからできる技。

セグメント上の画像描画にはセルクラス標準のメソッドを使用し、interiorBackgroundStyleForSegment: メソッドをオーバーライドしているので、画像(NSImage)が isTemplate メソッドで YES を返すと背景に合うように変化。白くなって影がつく。

8 割くらい

作ったもの

完成。

© 2005-2021 zumuya