気になるじゃないか

作ったもの

明日買ってくる!

2012.2.1 追記

iTunes Volume の紹介がカラーで 2 ページ(!)載っていました。当時はうれしかった!

新しいアートワーク表示

作ったもの

iTunes Volume に組み込むための新しいアートワーク表示のテスト。ダウンロードはここから。

曲が変わるときにアニメーションしてタイトル、アーティスト、アートワークを表示する。
感想をいただけるとありがたいです。(使用とダウンロードは自己責任で。)

動きが気持ちよいので 100 回くらい表示させて遊んでしまった...

iTunes Volume のアートワーク

作ったもの

どうも iTunes Volume のアートワーク表示に違和感があると前から思っていた。   CD のケース風に表示すればいいのか、紙風のテクスチャをかぶせるべきなのか...

ふと思いついて、アートワークを 5 度くらい傾けてみたらいい感じ!そうか、これだったのか。   確かに、まっすぐなのは不自然だ。

タブレットで起きた問題(解決編)

Mac ソフトウェア

設定ファイルを戻すと再発してしまった。どの設定ファイルに問題があるのだろうか。

とりあえず、Preferences フォルダ内を "Safari" で Spotlight。
見つかったファイルは com.apple.safari.plist と jp.hetima.SafariStand.plist。これらをゴミ箱へ。Safari を起動すると、問題なし。

きれいな状態の Safari をいじって、SafariStand のサイドバーを表示すると問題が再発。
でも、サイドバーの幅が一番大きいときと小さいときには問題が起きない。
それで気づいた。

SafariStand の設定ファイルを開いて原因が分かった。
"HTSideBarWidth" の値が、180.11164684 というように、小数点を多く含んでいる。
小数点を削って起動すると問題なし!

どうやら、タブレットの方がマウスより位置情報が細かく、これでサイドバーの幅を調節すると細かく記録されてしまい、ピクセル単位での処理にしか対応していない Web View のスクロールで問題が起きるみたい。

2012.2.1 追記

Lion になってからはトラックパッドでも小数点を含むようになったのか、同じような症状を見ることがある。NSView のサイズは整数で!

タブレットで起きた問題 (2)

Mac ソフトウェア

「iMac - Mac OS X Install Disc 1」を入れてハードディスクを初期化。
インストールも順調で、2 枚目のディスクに。

エラーが出て止まってしまった。
何度やってもうまくいかない。ディスクの裏を見てみると、薄い傷が。これが原因?
しかし、自分はこれ以外に Intel Mac を持っていない。

...!
Intel Mac mini のディスクが偶然家にあるのを思い出す。試したらうまくいった。

インストール完了、Mac はすっきり。
Safari を起動。スクロールは問題なし。よかった、マシンは壊れていない。

必要な設定ファイルを外付けハードディスクからコピーしていく。

Safari を起動。

やっぱり乱れる...

解決編(→ 2007.7.27)に続く。

タブレットで起きた問題 (1)

Mac ソフトウェア

Smart Scroll X と組み合わせてタブレットで快適生活をしていると書いたが、しばらく使っているうちに、Safari でのスクロールが乱れるようになってしまった。

この状態のまま操作しているとシステム全体の描画処理に影響が出るようで、ボタンが消えたり、新規ウインドウが開けなくなったり、フリーズしたり...

最初は、スクロールの問題なので当然 Smart Scroll X を疑った。 しかし、これを無効にして再起動しても全然改善されない。

しかたがないので、すべてのファイルを外付けハードディスクにバックアップしてクリーンインストールすることに。
FireWire 400 接続だが、時間がかかる...

次の記事(→ 2007.7.27)に続く。

ペンタブレットは小さい方が快適?

Mac ソフトウェア

最近、Wireless Mighty Mouse の代わりに、iMac DV が出ているときぐらいに買った、WACOM FAVO の古い小さいものを使って作業している。

最初は、もっと大きくて高くて新しいものが欲しいと思ったけど、このタブレット、サイズが小さいおかげで腕を動かさなくても全画面とどくので、逆に使いやすい!

友人の元デザイナー(Illustrator を主に使用)は A4 サイズのものを使っていて、とても使いにくかったと言っていた。大きいタブレットはペイント向きなのかな。

話のついでに、タブレットを使うときに役立っている、2 つのアプリケーションがあるので紹介。

Expogesture

前回の紹介から少し引用:例えば、右回転で円を描くと F9 Exposé、左回転で F10 Exposé。

この手のジェスチャーソフトはほかにもあるけど、これはフリーだし、何より、ほかのソフトはジェスチャーをするときに、キーを押していないといけなかったりするのだが、それが必要ないのが個人的にポイント。マウスを動かすだけ。

タブレットで使うときは、空中でくるっとペンを動かす。ボタンの少ないマウスやペンでは非常に便利。

Smart Scroll X

このタブレットのペンには 2 つのボタンがついていて、1 つには control キーを割り当てており、これを押しながらクリックするとコンテクストメニューが出せる。もう片方のボタンには、Smart Scroll X(シェアウェア ¥2,300)のグラブスクロールを割り当ててある。

Smart Scroll X というのはスクロールを拡張するためのソフト。

●スーパーホイール:マウスホイールをより楽に、滑らか、操作できます。

●グラブスクロール:グラブツール(手のひらツール)でウインドウの内容を簡単にスクロールできます。iPhone と同様な「惰性機能」も内蔵です。

●グローバルスクロールキー:マウスを触らずにすべてのアプリケーション内でキーボードだけで簡単でしかも素早くスクロールできます。

このグラブスクロールが、惰性機能によってスムーズで快適。
タブレットと使うことによって、ペンのボタンを押しながらぽいっとすると、iPhone のようにすーっ、すーっとスクロールできる。

© 2005-2022 zumuya