Mavericks で Apple 製テーマが生まれ変わる

Mac ソフトウェア

これで OS X 日本語環境の不自由がまた一つ解消された!これまであきらめていたテーマもどんどん使いましょう。

Apple がテーマのフォント指定を言語に合ったものに変えてくれるとうれしいのだけど。

Lion と Mountain Lion の Tips

Mac ソフトウェア

Lion と Mountain Lion。見た目がほとんど同じ両 OS だけど、ログイン画面で見分ける方法がある。(非 Retina 環境のみ確認)

システムの起動が終わったあと、画面中央のリンゴがずるずる上に移動してログイン画面になるけど、Lion ではそのマークがかすれている。Mountain Lion ではくっきりと表示されるのだ。

ぜひ家族や友人の Mac のログイン画面を見て Mountain Lion かどうかを当てて驚かせてみてほしい。

...

未だに信じられない!

中央位置の計算 x=(W-w)/2 かどこかで小数点以下を切り捨て忘れ、1 ピクセルに満たないずれが起きてしまったのだろうか。

最初に見たときは、Apple なら当然すぐに直すだろうと思っていた。
だが製品版どころか 10.7.1、10.7.2、10.7.3、とバージョンアップしても直らなかった...

結局直ったのは 1 年ぐらい経ってリリースされた 10.8。

自分は基本的に「ジョブズがいたらこういうことはしないはずだ」なんてくだらないことを言うことはないのだけど、この件に関しては言いたい。

ジョブズがいたらこうはなってない。iPhone の画面に小さく表示される Google ロゴの黄色いグラデーションがおかしい件について日曜日にも関わらず Google の責任者に電話してすぐに直すことを伝えたようなジョブズが、こんな目立つ位置にあって、動いた後で余計に目立つ、そして Mac を起動してまず目にする存在である、それも自社のロゴがピクセルずれを起こしているのをそのまま 1 年も放置するなんて許すはずがない!

Lion はジョブズが生きているときに出たけど、もう iOS が精一杯で、OS X までチェックする時間と体力が残っていなかったのだろう。

...というかジョブズの名前を出すレベルでもないと思う。自分ですら初めて見たときに気づいたし。

昔から未完成レベルの物をリリースすることはあるけれど、最低限こういう部分だけはしっかり仕上げてリリースする会社だったはず。この件は残念だった。

Sandbox とファイルアクセス

Mac ソフトウェア

Mac App Store にある、“もももー”氏による Pixelmator のレビュー:

ファイル操作もまともに出来ないゴミ ★☆☆☆☆

V2.0以降全く治っていません、どこがMountain Lion対応かと。
ホームのピクチャフォルダへ外部ストレージにあるフォルダのSymbolic Linkを作成しても、フォトブラウザでは「アクセス権が無いので開けません」と表示されてアクセス出来ません。
PhotoShopでは普通に開けるので本アプリのバグと思われますが、基本的なファイル操作もまともに動作しないのであれば使い物になりません。
都合の悪いレビューは封殺したり、異常な数の不参考とは。。。
Appleはソニーと同じ悪行に陥ったのか。。。

これは Sandbox による制限なので Pixelmator Team はどうしようもないのだ。Photoshop で問題なく動くのは Sandbox 化されていないため。

Sandbox 内からアクセスできるファイル

2012 年 6 月以降、Mac App Store では Sandbox が必須になった。
Sandbox の目的は、必要なもの以外はアプリケーションに見せない/操作させないことであり、セキュリティの向上に大きな効果がある。

Sandbox を有効にすると、アプリケーションがアクセスできるファイルが次のものに制限される:

  1. アプリケーションをビルドするときに開発者が指定した絶対パス
  2. ユーザがアプリケーション内の“開く”ダイアログで選択したファイル
  3. ユーザがアプリケーション内にドラッグしたファイル

1 は開発者が指定できるが、必要以上に浅いパスにすると(“/” など)Mac App Store の審査に通してもらえない。
「写真を扱うアプリケーションなら“ピクチャ”フォルダ、音楽を扱うなら“ミュージック”フォルダを指定」ということだろうけど、ユーザが必ずホームフォルダ内の所定のフォルダにファイルを保管しているとは限らないのであまり役に立たない。

2 と 3、ユーザの操作は尊重するということだろう。
でもよく使うファイルやフォルダが決まっているなら問題がある。アプリケーションを起動するたびにユーザが“開く”ダイアログで選択しなければいけないのだ。

そこで OS X 10.7.3 では新しい API が追加され、2 と 3 でアプリケーションが得たアクセス権を環境設定やファイルの中に保持しておくことが可能になった。

ただしエイリアスやシンボリックリンクは除く

これもセキュリティ向上のためだろうけど、アプリケーションがあるフォルダに対してアクセス権を持っていても、その中のエイリアスやシンボリックリンクに対するアクセス権はないのだ。

例えば iTunes ライブラリにアクセスするアプリケーションがあるとする。“ミュージック”フォルダのアクセス権を持っていても、その中の“iTunes”フォルダがエイリアスで、実体が外付けハードディスクにあったりしたらアクセスすることができない。

前述のレビューの件もそれである。“ピクチャ”フォルダのアクセス権だけではその中のシンボリックリンクにアクセスできないのだ。

Pixelmator での対処法

では Pixelmator のフォトブラウザから外部ストレージのフォルダにアクセスするにはどうすればいいのか。ユーザが選択すればいいのだ。

Pixelmator のフォトブラウザにはデフォルトで“ピクチャ”フォルダが登録されているが、そこから中のシンボリックリンクを開けようとせず、外部ストレージにあるというフォルダを自分の手でフォトブラウザにドラッグして登録すればいい。

iTunes 11 や iPhoto '11 から想像すると

Mac ソフトウェア

OS X 10.9 の UI では

  1. フォントが Helvetica Neue に変更される。
  2. サイドバーがデフォルトで表示されなくなる。
  3. サイドバーアイコンのカラーが復活。
  4. ツールバーアイコンの背景が消えてボタンっぽい見た目じゃなくなる。

1 は特に困る。お願いだから Lucida Grande のままでいてくれ...

Sketch 2

Mac ソフトウェア

ということで購入。DrawIt 割引があり ¥2,000 ぐらいで済んだ。

ノイズやぼかしなど、DrawIt にしかなかった機能がいくつか取り入れられている。
さらに Cocoa 開発者には必須な @2x の画像を同時に書き出せたり、スライス機能が強化されていたり、属性を CSS としてコピーできるようになっていたり。

まだいくつか足りない機能はあるけど、DrawIt の後継として便利に使えそうだ。

新しく購入する人は Mac App Store から。公式ページでは体験版をダウンロードできる。

DrawIt と Sketch

Mac ソフトウェア

Bohemian Coding による、グラフィックデザイナー向けのアプリケーション Sketch が大きく進化してバージョン 2 に。

もともとこの会社は DrawIt というアプリケーションを作っていた。
ベクタなオブジェクトに複数の属性を重ねてグラフィックを作っていくソフトで、単色やグラデーションによる塗り、線の描画といった基本的なものから、影、ふちのフェード、さらにはぼかしや変形、色調整などの Core Image フィルタまで、あらゆる要素を“Attributes”として同列に重ねることができる、機能や操作性については理想的なツールだった。

zumuya でもこれを購入して愛用しており、LandVolume のアイコンやスライダー、zumuya サイト全体のグラフィックなど幅広く作ってきた。
操作が直感的なので、思いついたアイデアを試すときにも重宝していた。

でもその高すぎる自由度からか、工夫して使わないと品質が悪くなってしまったり、オブジェクトやそれらの属性が増えると動作が重くなってしまうなど問題は多く、いつからかバージョンアップが止まってしまう。

DrawIt の姉妹品として Sketch というアプリケーションが登場していた。
DrawIt が画面表示グラフィック向けであるのに対して Sketch はイラスト作成用のツールだった。オブジェクトに指定できる属性の種類が限られているけど、キャンバスサイズは無限大。拡大表示では DrawIt のようにピクセルのギザギザは見えずスムーズに表示された。

当時の DrawIt のページには、両アプリケーションのコンセプト・用途がはっきり異なるということが書いてある。

If you really need the power of multiple stackable bitmap graphics, then use DrawIt. If that's not what you need, you're probably better off with Sketch. Also for schematic drawings we would recommend Sketch.

Sketch is fully vector-based though. Zooming in in DrawIt shows you its precise pixels whereas zooming in with Sketch produces smooth curves for vectors and text. As such, Sketch can also export to vector formats.

Sketch also excels when you need to create large documents; DrawIt was optimised for smaller documents, say up to 1024x1024. Other features that are unique to Sketch are its Infinite Canvas, Symbols, Multiple Pages and better slices and superior Text support.

ところが Sketch 1.3 で“ピクセルプレビュー”の機能が追加され、両アプリケーションの違いが曖昧に。DrawIt はどうなるの?と思っているとしばらくして開発の終了が発表される。

その記事では DrawIt を Sketch に統合する方針であることも伝えていて、それから数ヶ月... リリースされたのが Sketch 2 である。

SupaView でファイル容量を見晴らす

Mac ソフトウェア

ハードディスクの容量が一杯になってくると、無駄なファイルを削除する必要がある。そのためにはどのファイルがどれくらいディスクを圧迫しているのか調べなければいけない。

Finder を使うとサイズの計算が遅く、1 つのフォルダのサイズを表示するまで数分かかることもある。それに数字でサイズを見るだけではわかりやすいと言えない。

App Store を見ると、そういう用途のための有料アプリケーションがいくつかある。カラフルな円グラフのようなものを表示して右にファイル名とサイズのリストを表示するものが多いけど、zumuya で使っているのは SupaView というフリーソフト。

多くのほかのソフトは表示中の階層におけるファイル情報が中心になっているけど、SupaView は表示しているディスク/フォルダの階層を深くまでたどって適度に省略しながら表示してくれる。巨大なファイルが奥深くにあっても一目で分かる。

ディスク全体の容量を計算するにはちょっと時間がかかるけど、表示を更新しながら計算してくれるのであまり待たされている感じがしない。

描画は高速で、ウインドウをリサイズしても遅れずにレイアウトをする。ウインドウがどんな大きさになっても見やすいのがすごい。

フォルダ名をダブルクリックするとズームインしてその階層だけを表示。不要なファイルがあれば、Finder のように command + delete でゴミ箱へ。

これは Leopard をインストールしたディスクだけど Alex さん...

© 2005-2021 zumuya